HOME>アーカイブ>日本人にとって分かり易いことが選択のポイント。
授業を受ける人

継続のために比べたい

英会話スクールに通いたい場合に、地域によってスクール数に違いがあったり、大手だけが対象というワケにはいきません。比較・検討することがなぜ必要なのかと問われれば、「継続は力なり」というように、語学は短時間では習得が難しいからです。通える場所にある、費用、講師の質や在校生の存在などは、続けるためには比較しておきたい項目です。英会話スクール費用の相場は、キッズとビジネスマンと比較すれば異なります。専門的な学びであるビジネスマン、遊びから好奇心、興味を引き出させたいキッズとでは、教材に違いがあるからです。また、指導する講師を比較してみれば、日本人なのか外国人なのか、学ぶ内容は同じですが、日本人が不慣れとする舌の使い方やコミュニケーションに着目してくれるのかがポイントになります。立ちはだかる壁を克服できれば、やる気が起こる、日本人特有の性格を知るのはやはり日本人講師です。

ひと味違うグローバル化

英会話スクールを比較するならば、サイトと見学、どちらが良いのかといえば地方ならば見学、都心ならばサイトです。というのは、地方には比較対象になるスクールが少なく、詳細な情報は見学で行うのが適しているからです。対照的に都心はスクール数も多く、大手ばかりなので比較サイトでも十分に情報収集できます。英会話スクールには語学学校に近い学びを提供するところがあります。グローバルな活動をしたい学生などが、ワーキングホリデーを含めた海外留学などを支援してもらい、マルチリンガルになれるのが特徴です。他には、グローバル社会で通用する英語実践養成とするところがあります。ここでは、教材に話題のニュースやビジネス、社会面での英会話音声教材などが採用されているのが特徴です。教育として比較するにも、海外に渡航するのか、身近に英語が必要なのか、この違いで検討するのも良いでしょう。

広告募集中